勘違い注意!!正しい「素直さ」の意味と捉え方

「素直」という言葉は、よく耳にしますが

 

「素直」という意味をきちんと考えたことはありますでしょうか??

 


私は、昔から、人生の先輩や書物で

 

「素直」な人がよく伸びる
成功するには「素直さ」が必要

 

という言葉を聞いてきました


 

そして、素直の代名詞といえば、

 

松下幸之助さんです

 

素直の話になると、松下さんのお名前がよく出されていました

 

 

そして、そのお話を聞いていて知らず知らずの内に

 

素直さに対するイメージが出来上がってしまっていました

 


しかし、

 

そのイメージは崩れ落ちま
 

なんで勘違いしたのだろうと

 

気づいてしまえば、簡単なことですが、

 

美しいお話に真摯に耳を傾け真に受けすぎていたのか、

 

大きな勘違いをしておりました

 


それに気づくきっかけとなったのは、

 

松下幸之助さんに関する書物を読んだ時です

 

 

 

この記事では、

 

そんな自身の経験から、

 

「正しい素直さの意味、捉え方」についてお話していきたいと思います

 

 

 

 

素直の意味

 

 

辞書的意味

 

「素直」
 

①性格や態度にひねくれたところがなく、あえて人に逆らったりしないさま。
②技芸などに癖がないさま
③ものの形が真っ直ぐなさま

出典 三省堂大辞林 第三版

 

とあります

 

「素直」と「正直」の違い

 

よくごっちゃになりやすい言葉として 

 

「正直」があります

 

この違いも押さえておく必要があるので意味を記載します

 

「正直」

 

①うそやごまかしのないこと。裏表がないこと

出典 三省堂大辞林 第三版

 


とあります

 

このことから、

 

聞くことを例に挙げると

 

「素直」な人だと

相手の話をひねくれたりせず、
あえて逆らったりもせず聞く

 

「正直」な人は
相手の話を聞きたくないと思うと
そのまま聞かない。もしくは、聞きたくないと伝える

 

となります

 

 

 

両者を比較すると、
 

自分の気持ちをそのままストレートに外に表現しているかどうか

 

違いであるとみれます

 

 

素直な人の特徴

 

ここからは、素直をより理解するために素直な人の特徴について述べていきます 


 

人の話をしっかりと聞く

 

素直な人は、まずしっかりと相手の話を聞こうとします

 

辞書的意味でもあったように、あえて反抗したりはしません

 

 

間違いをすぐに認める

 

素直な人は、間違いを指摘されて、間違っていたと気づくと 

 

すぐに認めることができます

 

ここでひねくれていると、反発したり、自身の理屈を述べて言ったりします

 

 

聞き上手

 

相手の話を聞くことができるから、素直であるともいえます


 

偏見が少ない

 

素直に聞く人や、素直に気持ちを伝える人は、

 

相手に偏見がないからこそ、聞くことができています

 

偏見が少なく素直に学んでいます


 

学習意欲が高い

 

素直な人は、好奇心が強く、

 

その為、相手の話をしっかりと聞く傾向があります

 

さらに、


小さい頃からよく耳にしている
 

「先生の言うことをしっかりと聞きなさい」

「親の言うことをしっかりと聞きなさい」

とい言葉をそのまま受け止めその通りにしているので

 

結果として、勉強もよく行なうということにもなります

 

 

 

愛情深い

 
相手の気持ちを感じる力も強いので、

 

その分、環境移入したり、愛情を感じやすい特徴もあります

 


 

素直のデメリット

 

 

メリットの部分は、よく言われている分

 

容易に想像できると思いますが、見落としがちなのがデメリットです

 

騙されやすい

 

相手の言うことを反発せず、そのまま受け入れようとするがために

 

騙されてしまう、期待とは裏腹に裏切られてしまうことが多々あります

 

 

こき使われやすい

 
世の中には心無い人もいるわけで、

 

素直で、真面目に生き過ぎると、使用者側からすると使いやすく

 

良い様に使われていますことがあります

 

相手次第になってしまう

 

要するに、主体性がなくなり、自己決定ができなくなることが考えられます

 

行動が止まってしまう

 

情報に左右されていると、それぞれ言っていることが違っていて、

 

結局何が正しいのか、わからなくなって行動がストップしてしまいます

 

 

しかし、これらのデメリットは

 

「素直さ」

 

を正しく理解し、素直さの活かし方がわかれば回避できます

 

素直さを見直す

 

素直さを正しく活かすためにも、一度見直してみましょう

 

自分に対しても素直である

 
素直というと、

 

「相手の話を聞いて、反論せず、言われた通りにすること」

 

という認識が一般的です

 


もし、教わったことに対して、

 

「いや違う、こうした方が上手くいく!!」

 

と反論し、自分の考えを通すと

 

「素直じゃない」

 

となります。


 

しかし、これで良いのでしょうか??

 

ここで、序盤でお伝えしていた

 

松下幸之助さんを例に挙げさせていただきます

 


あなたは、松下幸之助さんに関する書物を読んだことがあるでしょうか??

 

 

 

もし、なければ

 

是非一度、読んでみられることをお勧めします!!

 


私の素直という考え方だ覆されました

 

「素直であれ」という言葉と同時に

 

松下さんが、人の意見に耳を傾けながらも

 

自分が絶対にやった方がいい

 

と思うことに関しては、

 

周囲がどれほど反対していようが、突き進んでいました


 

「この姿勢が素直なんだ!!」
 

そして

「これが自分の気持ちに正直な姿なのか!!」

と衝撃を受けました

 



「素直」というのは、

相手の話を、一度はしっかりと受け止

それを自分の中で、嚙み砕いて

自分の信じる道を選択することであったのです

 


相手に対しても、自分に対しても素直である必要があります


 

 

自己決定、自己救済力

 

また、

ここで述べている様な「素直さ」を

持って生きていこうと思うと、

 

自己決定する力、自己救済する力が必要になってきます
 

 

しっかりとした「自立」が求められてきます

 

 

自身のわからないことに関しては、

 

「言われた通りにやってみる」

 

という素直さは必要です

 

 

ただし、相手の言われた通りにすることが

 

「素直」なのではなく、

 

相手の気持ちや考えをしっかりと受け止めたうえで、

 

自分の納得できる道を選ぶことです

 

そうすると、


誰かのせいにせずに素直に生きていくことができます
 


カテゴリ一覧
カウンセリング
占い
カウンセリング 仕事
仕事
恋愛
性格
転職
自己肯定感
新着記事
勘違い注意!!正しい「素直さ」の意味と捉え方
2020.05.07
カウンセラーとして起業前に知っておきたかったこと|これからの心理職
2020.05.02
固定観念を正しく理解し、自分を解放する方法
2020.04.29
実例!個性的で人気のある人の特徴と個性的になる方法
2020.04.28
個性って何だろう?|必要性と見つけ方、活かし方がわかる5分間
2020.04.23
自己成長する方法と、その継続方法がわかる
2020.04.23
自分らしさに気づく先人の智恵|数千年の研究で示される自分らしさ
2020.04.22
気疲れから解放されたい時に意識すべきこと
2020.04.18
一喜一憂の恋愛占いから脱却し、確実にあなたの人生に活かす
2020.04.18
「生きている意味」の答えが見えてくるページ
2020.04.12
関連する記事
カウンセラーとして起業前に知っておきたかったこと|これからの心理職
心の時代・・・   これは少し前から言われ始めていました   そして最近…
心の時代・・・   これは少し前か…

固定観念を正しく理解し、自分を解放する方法
突然、あなたに質問です!! Q「固定観念」って何でしょうか?? また、 Q「観念」と「概念」 …
突然、あなたに質問です!! Q「固定観念」って…