カウンセラーとして起業前に知っておきたかったこと|これからの心理職


心の時代・・・

 

これは少し前から言われ始めていました

 

そして最近、コロナウイルスによる社会環境の変化によって

 

精神的苦痛、肉体的苦痛が重なり、心理的にも苦痛を抱えている人が多くいます

 

これから、うつ病、自殺者が増えるなど、

 

暗い情報が飛び交っています

 

 

 

そんな中、

 

困っている人に対して、

 

「寄り添いたい」「何か手助けになりたい」

 

という思いで、

 

カウンセリングを学び、独立起業を果たそうとしている

 

方もいらっしゃると思います

 

この記事をお読みいただいているあなたもその一人ではないでしょうか??

 


私は、4年前に

 

カウンセリング、コーチングを活用した相談事業で開業しました

 

1200時間の相談経験を積み、その間にも色んな方から指導を受けました

 

300万近く勉強に投資、起業家ならではの出会いやお誘い、失敗など沢山ありました

 

迷いも沢山あり、人の言葉を信用しすぎて、

 

非常に無駄な方法を採用してしまっていたり・・・

 

今思えばわかるのですが、

 

カウンセラーとして起業していこうと考えていた時には、全く想像できませんでした

 


そんな経験から、絶対に知っておくべきことをまとめて、

 

これからカウンセラーとして起業を志すあなたが

少しでも失敗を避け、希望を持てるようにとの思いを込めて記事を書くことにしました

 


 

資格・協会ビジネス

 

タイトルを見て「何のことだろう・・・」

 

と思ったかもしれません 

 


心理系の資格を発行しているのは、ほとんどが民間会社です

 

心理系の資格を発行する意図を考えたことはありますでしょうか??

 


様々ありますが、

 

心理系の業界で大きく稼ごうと思った時、

 

安定的に収益化を図りたいと思った時に、

 

「協会を作り、独自資格を作る」

 

ことが必要になってくるからです
 

 

一対一の対面セッションだけでは、

 

単価によりますが、頭打ちがあります

 

そこで、大人数に対して、同時に提供でき、高単価で打ち出していける

 

「資格講座形式」を採用するのです

 


ということは、

 

あなたが、起業して8桁稼いでいこうと思うと、

 

対面でのセッションだけでは、難しいわけです

 

ましてや、

 

本当に苦しんでいる人は、稼げていなかったり、

 

そこまでお金を持っていない人が多いのも現状です
 

ですので、単価を上げずらい、
上げるのが忍びないと思う人も多いです

 

 

カウンセリングがビジネスになる

 

カウンセラーとして、起業すると、人の悩みを聞くことがビジネスとなります

 

ここで、押さえておかないといけないことがあります

 

それは、

 

ビジネスとは、
相手の悩み、問題解決である

 

ということです

 


その悩みや問題を解決する対価として、

 

お金をいただく

 

ということになります

 

 

ターゲットをどこに設定するのかによって変わりますが、

 

心理的に問題を抱えている人に対しての高単価は、なかなか厳しいところがあります

「悩んでいる人の手助けをしたい!!」

 

という思いやりの強い人は特に、

 

無料で聞いてしまったり、安くしてしまいがちです

 

それでは、ビジネスとしては難しくなってきます


相手の為に手助けになろうと思っても

自分自身が干からびてしまいます

 


まずは、

 

ビジネスとしてやるのかどうか
ボランティアとしてやるのかを決めることが大切です

 

しかし、
 

ボランティアはボランティアの力でしか役立てれないのも事実です

 

 

カウンセリングで陥りやすいパターン

 

カウンセリングでは、
 

 

たとえ、その場のセッションで改善が見られたとしても、

 

時間が経つと元に戻りやすいというのが、特徴でもあります

 


ある協会のベテランの方が、こんなことをおっしゃっていました

「解決はできない、私たちは聞くのがお仕事」

 


確かにその通りだと思いました

 

「解決してあげよう」という気持ちが、

 

相手を苦しめてしまうことが多々あります

 


また、ベテランであればあるほど、ミスを犯しやすいということも感じます

 

自分はできていると過信して、

 

知らないうちに人を傷つけるアドバイスや言葉をかけています


 

これは、「勝手なアドバイスをするな!言葉に気をつけろ!!」

と生徒に教えている人がやってしまっています

 

困っている人への救いになる方法

 

結論的にいうと、

 

あなた自身が豊かり、徹底的に力を底上げすること

 

です 

 

そうすると、

 

その幸せで豊かなエネルギーに、人は勇気付けられ

 

希望を見出せたりします

 


大きく稼いでいくと、環境を整えたり

 

仕組みを作っていくことで、カウンセリングとは違った角度で、

 

悩める人の手助けになることもできます

 

 

起業時に意識しておいた方がいいこと

 

 

ここからは起業を実際にしてみて、

 

遠回りしたこと、勉強になったことを上げていきます

 

メニュー作り


メニューが無いと売り出せないですし、

 

お客様が何を買ったらいいのかもわかりません

 

そして、一番やりがちなのが

 

「どんな相談でも受け付けています」

 

というスタンスで受け付けることです

 

これは、色んなところで言われていますが、

 

「ターゲットを明確にする」

 

という視点が抜けています

 


凄く売れていて、知名度も上がってきていると

 

相談者さんから色んなお悩みを持ちかけられると思いますが、

 

初めのうちは、

 

ターゲットを絞ります
 

 

さらには、

 

ただ単に「心理カウンセラー」

 

というよりかは、

 

「〇〇カウンセラー」

 

と肩書きもターゲットに響きやすいものにしましょう


 

何故なら、カウンセラーを名乗っている人は非常に多いので

 

違いがわからず、お客様が選びにくいからです


例えば、

中越祐裕史さんのように
「天職探しカウンセラー」
として活動するなどです
 

とりあえず感を拭い去る


とりあえずやってみな!!

 

この言葉に救われることもあれば、

失敗を招くこともあります

 

私の感覚では、失敗をすることの方が多いと感じます

 

何故なら、

 

「とりあえず blogをやろう」
「とりあえずメルマガをやろう」

 

では続かないどころか、

 

続けたとしても設計が甘いので、ただ単にやって

 

何となくの結果しか出ないからです

 


気づいてしまえば

 

「そりゃそうだろ!!」

 

って思えるのですが、

 

まだまだ未経験の段階では、

 

これまた、とりあえず言われたことを

 

真面目に聞き過ぎて、そのままやってしまうのです

 

起業家は、
自立して、自己責任で生きていく必要があります

 

自己責任、自己救済、自己決定が必要です


 

その為にも、
真面目さ、素直さの認識を見直す作業もオススメします
下記の記事もご参照ください
▶︎【真面目過ぎのリスク回避】真面目さ不真面目さ大全

 

 

カウンセリング、心理学は「ツール」であるということ

カウンセラーになりたい!!

と思い立ったら、ほとんどの人が、

 

心理学講座を受講します

 


何も間違っていないのですが、

 

意識しておいて欲しいことは、

 

「ツール」

 

であるということ

 

 

西洋の心理学、カウンセリング技術も

 

「悩み解決の為のツール」

 

であるということです

 


カウンセラーだからといって、

 

カウンセリングにこだわり続ける必要がそもそもあるのか

 

こういった視点に立ち返って欲しいと思います

 


先ほども、お伝えしたように、

 

起業するなら、ビジネスだということ

 

ビジネスは、
 

 

お客様の悩み、問題を解決し
その対価として、お金をいただく

 

ということです

 

 

これを思い出していただいて、


お客様の悩み、問題を解決する最高のものを提供する

 

ことに注力すべきです

 

 

その為にも
 

あなた自身が、

 

どんな人のお役に立ちたいのか

 

を明確にしておく必要があります

 

 

心理カウンセラーのこれから


心理系の協会が沢山でき、資格保有者が沢山溢れています

 

そんな状況を是正する為か、

 

2017年に公認心理師法が施行され、

 

国家資格として、公認心理師の資格が誕生しました

 

心理系資格は、臨床心理士が有名ですが

 

これも国家資格ではない為、

 

心理系の国家資格ができないものかとずっと言われてきました

 

 

そして遂に

国家資格として、公認心理師ができました

 

この資格は、できてからまだ間もないのでこれから

 

この資格の価値をどれだけあげられるのかが問われてくると思います

 


国家資格が誕生したことにより、

 

民間のカウンセラー資格では、活動が制限されてくる

 

あるいは、メリットが小さくなる可能性があります

 


この辺りも踏まえた上で、

 

ご自身で決断されてみてください

 

何か質問がございましたら、


無料相談もできますので、

 

お問い合わせください

 

▶︎お問い合わせ

 

伝えたいことは沢山ありますが、この辺で一先ずこの記事は終わりにしたいと思います

 

最後までお読みいただき、本当にありがとうございました


カテゴリ一覧
カウンセリング
占い
カウンセリング 仕事
仕事
恋愛
性格
転職
自己肯定感
新着記事
勘違い注意!!正しい「素直さ」の意味と捉え方
2020.05.07
カウンセラーとして起業前に知っておきたかったこと|これからの心理職
2020.05.02
固定観念を正しく理解し、自分を解放する方法
2020.04.29
実例!個性的で人気のある人の特徴と個性的になる方法
2020.04.28
個性って何だろう?|必要性と見つけ方、活かし方がわかる5分間
2020.04.23
自己成長する方法と、その継続方法がわかる
2020.04.23
自分らしさに気づく先人の智恵|数千年の研究で示される自分らしさ
2020.04.22
気疲れから解放されたい時に意識すべきこと
2020.04.18
一喜一憂の恋愛占いから脱却し、確実にあなたの人生に活かす
2020.04.18
「生きている意味」の答えが見えてくるページ
2020.04.12
関連する記事
勘違い注意!!正しい「素直さ」の意味と捉え方
「素直」という言葉は、よく耳にしますが   「素直」という意味をきちんと考えたことはありますでしょ…
「素直」という言葉は、よく耳にしますが   …

固定観念を正しく理解し、自分を解放する方法
突然、あなたに質問です!! Q「固定観念」って何でしょうか?? また、 Q「観念」と「概念」 …
突然、あなたに質問です!! Q「固定観念」って…

気疲れから解放されたい時に意識すべきこと
「人に気を使いすぎて疲れる・・」   「いつも緊張している」   「気疲れし…
「人に気を使いすぎて疲れる・・」   …