自分に向いている仕事の見つけ方〜東洋占術者、心理コンサルタントからのメッセージ〜

「自分に向いている仕事がわからない・・」

 

「人と比べて自信を失う・・・」

 

「自分に合う仕事はどうやって見つけたらいいのだろう??」

 

 

選択肢が多い世の中で
このようなお悩みを抱える人が増えてきています

 

自分に向いている仕事が何なのかわからないという

あなたのお悩みを少しでも解消し、自分に向いている仕事に就けるよう

記事にまとめさせていただきました

 

この記事をお読みいただくと以下のものが手に入ります

 

手に入る未来

・向いている仕事とは何かがわかる

・自分に向いている仕事がわかる

・転職の指針

 

 

自分に向いている仕事とは

 

自分に向いている仕事とは何なんでしょうか??

 

いざ転職しても、やってみると全く合わない💦

 

そんな経験もおありかもしれません

 

 自分に向いている仕事かどうかは、

単に仕事内容だけでは決めれません

 

仕事を選ぶ上での3つのポイントをご紹介します
 

1.仕事内容

2.社風

3.自分の将来

 

仕事内容と共に大切になってくるのが、

社風です

 

仕事内容が面白そうだと思って入社したとしても、

社内の雰囲気が全く合わなかったり、

様々な物を犠牲にしなければならないということも多々あります

 

そんな中でも、石の上にも三年と言い聞かせて

頑張ったところで、生きがいを見失い

先が真っ暗になっていきます

(ついつい頑張ってしまう人は、こちらもご参照ください
▶︎石の上にも三年について

 

そこで、業界を絞ったとしても

どんな会社があり、そららは、どんな会社なのかを分析していきましょう

 

「転職会議」という退職者が記載している口コミサイトもあります

 

そういった情報や、実際にその業界や

その会社に働いている人に聞いてみるなどして調査しましょう!!

 

その結果、あなたの率直な気持ちを感じてみましょう!!

 

最後に

自分の将来についてです

 

自分に合った仕事とは、

その仕事をその会社で行なっていくことで

自分の望む生き方ができるか、自分の望む人間になれるか

ということです

 

この一つの判断軸として、

会社の上司の顔をみるということがあります

 

会社のトップの顔は、自分の将来とも言われています

どんな顔つきをしているのか、どんな人柄なのか

そんなことを観察されるとよいです

 

 

このように、自分に向いている仕事とは、

仕事内容だけでは決まらず、

社風や、自分の将来も考慮に入れて判断すべきだとわかります

 

何が向いているのか??

 

自分に向いている仕事を見つけるうえで効果的な

質問を2つします

 

1.これまで夢中になったものは何ですか??

2.無意識にでもできることは何ですか??

 

どれだけ小さいものでも構いません

なんでも挙げてください

 

 

夢中になったもの

▶︎プラモデル、水泳、トレーニング理論と指導、物理学、心理学、スピリチュアル、恋愛

 

無意識でもできること

▶︎料理、カウンセリング、介護、子供と遊ぶこと

 

 

ここで夢中になったことから何がわかるのかというと、

自分の興味や喜びを感じることです

 

また、無意識にできることからは、

自分の特技や才能がわかります

 

 

夢中になったことから、

機械をいじったり、ゲームとあるので、

エンジニアや機械系の技術職などが考えられます

 

また、子どもたちに水泳やトレーニングの指導を行うことも考えられます

 

そして、それは民間の会社でやるのか、

それとも公務員の専門職としてやるのかでも分かれてきます

 

 

自分が喜びを感じられることを選ぶことで、自分も個性が磨かれ

自然と人の役にも立っていくことができます

 

 

ただこの時の注意点として、

仕事や活躍場所を決める際に、

 

見栄や劣等感から選択しない

 

ということがあります

 

もし、劣等感を拭うために選択してしまっていたら、

それが達成された時に虚しくなるだけです

 

 

それを防ぐには、これまで蓄積してきた感情の記憶を整理することと、

未来の視点から今をみて、どんな選択が最適かを検討する必要があります

 

これを行うことで、自分の望む未来の為に仕事を活用することができます

 

その詳しい方法は、こちらをご覧ください

▶︎未来視点からの願望実現

 

 

転職の指針

 

最後に転職の指針についてお伝えいたします

 

この転職、天職については
 

カウンセリングと東洋の占術を組み合わせることで

より明確にあなたの特徴から必要な仕事を選んでいくことができます

 

どんな仕事もやってみないとわからない

というのが1つの答えでもありますが、

 

自分の素質を明確にした上で、

判断するのとしないのとでは、決定的に差が生じます

 

特徴を把握するには、
適性診断を受けて一つの指標にもすることもできます

 

しかし、

少ない分類わけに当てはめるよりかは、

唯一無二のあなただけの特徴を理解していくことをオススメします

 

そこで、決めつけられることなく

しっかりと腑に落とすことができ、自ら選択していけるサポートもございます

 

そちらにご興味ある方は、

こちらもご覧ください

 ▶︎自分の特性から仕事を見つける


カテゴリ一覧
カウンセリング
占い
カウンセリング 仕事
仕事
恋愛
性格
転職
自己肯定感
新着記事
勘違い注意!!正しい「素直さ」の意味と捉え方
2020.05.07
カウンセラーとして起業前に知っておきたかったこと|これからの心理職
2020.05.02
固定観念を正しく理解し、自分を解放する方法
2020.04.29
実例!個性的で人気のある人の特徴と個性的になる方法
2020.04.28
個性って何だろう?|必要性と見つけ方、活かし方がわかる5分間
2020.04.23
自己成長する方法と、その継続方法がわかる
2020.04.23
自分らしさに気づく先人の智恵|数千年の研究で示される自分らしさ
2020.04.22
気疲れから解放されたい時に意識すべきこと
2020.04.18
一喜一憂の恋愛占いから脱却し、確実にあなたの人生に活かす
2020.04.18
「生きている意味」の答えが見えてくるページ
2020.04.12
関連する記事
カウンセラーとして起業前に知っておきたかったこと|これからの心理職
心の時代・・・   これは少し前から言われ始めていました   そして最近…
心の時代・・・   これは少し前か…

仕事やめたいと思った瞬間から始められる対策と、その後の選択
「仕事をやめずらい・・」 「もう限界、でも親の反対が・・」 「辞めるって逃げてるような気がする・・」 …
「仕事をやめずらい・・」 「もう限界、でも親の反対が・…